和の香り際立つだしせんべいが誕生しました。

北前船の贈り物うまみせんべい

日本食の「旨い!」には不可欠である「だし」。
うまみせんべいは、
そんな旨いだしをイメージしたせんべいです。

うみせんべいの写真

うまみせんべい

大阪の小倉屋山本と、富山の日の出屋製菓が旨みを追求

小倉や山本×日の出屋製菓

大阪を代表する昆布の老舗

こんぶ

創業嘉永元年

http://ogurayayamamoto.co.jp/

富山を代表する老舗米菓

ご飯

創業大正十三年

https://www.hinodeya-seika.com/

商品情報products

うまみせんべい12枚入り

うまみせんべい

12枚入

12 pieces
bag

本体価格600
(税込価格648円)

特定原材料等/小麦・えび・さば・大豆

購入するBUY

うまみせんべい12枚入り

うまみせんべい

24枚入

24 pieces
box

本体価格1,200
(税込価格1,296円)

特定原材料等/小麦・えび・さば・大豆

購入するBUY

大阪と富山、
北前船が繋ぐ食物語STORY

北海道、富山、大阪を結ぶ
北前船のロマンある物語。

大阪の老舗小倉屋山本と、
富山の老舗
日の出屋製菓

「旨み」を追求した
せんべいを作りました。

北前船とは?

北前船とは?

江戸時代から明治30年代まで、
大阪と北海道を結んでいた商船の総称です

約1年かけて、各地の港で商売をしながら北海道と大阪を往復しました。寄港地周辺では近畿の文化が伝わり、言葉・食文化等に影響がみられ、文 化の伝播役としての役割もあった。
寄港地だった富山でも、北前船の影響により昆布料理などの文化が現在も色濃く残っています。

旨さの秘密Feature

  • 01

    170年余の歴史が創る旨みへのこだわり

    だし文化が浸透している大阪の老舗、小倉屋山本がだしの深みを追求致しました。

    170年余の経験からだしの深みを、昆布、しろえび、鰹節、煮干しなどから表現し、和の香り際立つうまみせんべいを誕生させました。

  • 02

    富山米「てんたかく」100%使用

    うまみせんべいには、ほどより粘りとあっさりとした甘みがある、富山でとれた「てんたかく」を100%使用しています。

    富山県が誇る天高くそびえる立山連邦のように、全国に飛躍してほしいとの想いから名付けれました。